<
 
データチームにパワーを
>

成長企業には必ず有能なデータチームが存在します。データチームのポテンシャルを最大化するデータ活用法を事例でご紹介。

データドリブンな今日のビジネスは、データチームの活躍抜きには語れません。無公害車による新たな移動手段のデザインや、医療の進歩を加速させる研究など、データを活用したイノベーションで世界中の難題の解決に挑んでいます。私たちはデータチームの活躍を #datateameffect と呼んでいます。さまざまな業界のデータチームの活躍をご紹介します。

スライダー


東南アジアは総人口約 7 億 5 千万、世界で最も人口密度の高い地域のひとつとして注目されています。ライドシェアサービスとして起業した Grab(グラブ)社は、数年で東南アジア最大のスーパーアプリ企業として急成長しました。デジタル決済、配送、ライドシェアサービスのアプリは数百万人に利用され、機会創出の一助となっています。この急成長を支える重要な要素がデータの活用とデータチームの活躍です。

事例を読む →

次世代高速輸送システムを開発するヴァージン・ハイパーループ社のイノベーションには前例がなく、参考にできる確率モデルも存在しませんでした。そこでハイパーループ社では、まず、データ部門によるデータ上のシステム構築を実施しました。

事例を読む →

ジップライン社のデータチームは、アフリカの遠隔地域に医療用物資をドローンで空輸するというサイエンスフィクションのような話を現実のものにしています。リスクを最小限に抑えて効果を最大化するには、膨大なフライトデータの活用が絶対条件でした。

事例を読む →

世界最大規模のデジタルライブラリを提供するスクリブド社は、読書のあり方を変革しています。成功の秘訣は、明確なビジョンを持つデータチームにありました。スクリブド社のデータチームは、サービスをグローバルに展開するにはデータ処理を全面的に見直す必要があること、それには Databricks の導入が必須であることを、いち早く認識していました。

事例を読む →

データを活用して労働災害を防止できないだろうか。StrongArm 社ではその可能性を探究。ウェアラブルデバイスと大量の IoT データを利用して、労働者・企業にとっての大きな負担となる反復運動損傷の防止に貢献しています。

事例を読む →

投資家は、確実性が高くデータドリブンな知見をこれまで以上に必要としています。YipitData 社では、数百の Web サイトのデータを集約して膨大な情報ライブラリを構築し、それを市場の変化にあわせてリアルタイムに投資家に提供することで、投資家のデータドリブンな意思決定を支援しています。

事例を読む →

変動するエネルギー需要への安定対応をデータで支援。75 以上の国・地域において、暖房、冷房、電源機器の監視・制御サービスを提供するアグレコ社では、データチームの活躍によって、サービスの性能を最大化し、機器の停止時間を最小限に抑えることに成功しています。

事例を読む →