eBook

データレイクハウスの構築

ビル・インモン — データウェアハウスの父

データウェアハウス(DWH)の父と称されるビル・インモン(Bill Inmon)氏は、効率的な機械学習やビジネス分析をデータレイクで直接行うことを可能にするデータレイクハウスの誕生を支持しています。

インモン氏は本書の中で次のように述べています。「データレイクハウスのアーキテクチャは、DWH 市場の黎明期に見られたものに匹敵するインパクトをもたらすものである。オープンな環境でのデータ管理、エンタープライズの各部門から得られる多様なデータの集約、データレイクのデータサイエンスとデータウェアハウスのエンドユーザー分析を組み合わせた機能が相乗効果を発揮し、データレイクハウスを利用する企業におけるデータ活用の可能性を引き出す。」

本書は、データレイクハウスの構築を成功させるための 5 つの重要な要素について詳しく解説しています。

  1. エンタープライズにおけるデータの大半が既に格納されているデータレイクをまず活用
  2. データレイクのデータ品質の向上とガバナンスの強化
  3. データの最適化によるクエリの高速化
  4. 機械学習のネイティブなサポート
  5. オープンなデータフォーマットと API で、ロックインを回避

ダウンロードする