多面的な管理

エンタープライズシステムを可視化して制御をシンプルに

アカウント内のあらゆるアクティビティの監査・分析が可能。
ユーザー、リソース、予算、インフラの管理にポリシーを設定することで、
エンタープライズシステムの管理をシンプルにします。

管理者にとってのメリット

 

 

あらゆるユーザーが使用できるプラットフォーム

Active DirectoryやOktaなどのIDプロバイダと、IDと認証を同期させることで、ユーザーのオンボードとオフボードを自動的に行います。REST API を利用して数千のワークスペースを作成でき、チームはワークスペース上で、データ、Notebook、コンピューティングリソースなどのアセットを使用して共同作業ができます。
 

ユーザーアクティビティの可視化

ユーザーのアクセス履歴や、リソースの使用履歴など、あらゆるアクティビティを監視・分析し、アカウントの透明性を確保します。項目別の利用状況レポートを活用することで、グループごとのコスト分析も可能です。
 

使用量とコストの制御

Databricksのリソースにポリシー設定を適用することで、コスト管理とリソース使用量のプロアクティブな制御が可能です。異常なアクティビティやポリシー違反の発生時にアラートを受け取ることができます。

機能

 

運用のスケール

複数のワークスペース:最適なポリシーと構成を実装し、APIを使用して、数千の新たなデータ分析や機械学習ワークスペースを数分で作成します。 

SCIMSystem for Cross-domain Identity Management (SCIM)のネイティブサポートは、Azure Active Directory、Okta、Ping IdentityなどのSSOのIDプロバイダとユーザー管理を同期させることで、ユーザーのオンボードとオフボードを自動的に行います。

 プール必要に応じて取得できる仮想マシンインスタンスの管理キャッシュを作成することで、クラスタの起動とスケーリングを高速化します。
 

可視性とコスト分析

監視証跡と通知:アクセス履歴や、リソースの使用状況などの重要なイベントを可視化し、アラートを自動で受け取ることができます。

使用状況とコスト管理:毎日更新される項目別の使用状況レポート、詳細な使用ログ、アプリ内の使用状況の視覚化と傾向を取得し、チームのツール使用状況を把握して、コスト分析、予算グループの作成が可能です。
 
監視:監視アプリと容易に統合し、リアルタイムのメトリクス、アプリとインフラのログを表示できます。

ポリシーと制御

クラスタのポリシー:既存のポリシーと構成を実装すると同時に、API呼び出しで新たなプロジェクトとチームを立ち上げて実行できます。

ユーザーグループグループを作成して、同じ権限と IAM ロールを複数のユーザーに割り当てることができます。管理者ユーザーは、管理者コンソールとAPIを使用することで、複数のグループを管理できます。