席を確保する

2020年 10月20日 14:00 – 15:40

コロナ時代を生き抜くグローバル企業では、AIを使った機械学習による需給要予測やパーソナライゼーションの取り組みが確実に増加し、デジタルトランスフォーメーションが起こす劇的なビジネス・社会変革に向け、その源泉となる「データ価値」を最大化させる取り組みの重要性が増しています。本セミナーでは、食品・流通業界において、AI・機械学習をキーワードに、これらをどのように企業活動に取り込んでいくか、先進的な企業事例を紹介いたします。

アジェンダ:

  • 14:00 – 14:40  おいしいを定量化したい。AIって何ができるの?からスタートしたconomeal(このみる)開発  | 株式会社ニチレイ 技術戦略企画部 事業開発グループ アシスタントリーダー 関屋 英里子 様
  • 14:40 – 15:10   小売業界における顧客エンゲイジメントをデータ&AIで高める方法 〜スターバックスやH&M社の事例紹介〜 |  Databricks Inc. インダスリー・リーダー 小売り&一般消費財 業界担当   ロブ・セーカー
  • 15:10 – 15:40「Prophet」とデータブリックスの組み合わせによる、高度で拡張性の優れた予測をデモとともに紹介 |  ジャ・ジーシン データブリックスジャパン株式会社 ソリューション・アーキテクト