小売・リテール業界向けレイクハウスによる課題解決と生産性の向上

データ+AI が支援する小売・リテール業界の未来

小売業のビジネスは、早朝からフル稼働しています。配送トラックは店舗や家庭に商品を届けるために拠点を出発し、店舗では開店の準備やその日の需要に応じた在庫の確認などが行われます。このように年中無休で稼働する小売業界にも、ここ数年で大きな変化が起きています。

世界的なパンデミックが小売業界に与えた影響は大きく、10 年分の変化が一度に起こったといっても過言ではない状況となっています。また、消費者の意識も大きく変容し、かつてないほどの迅速性と完全性を求めるようになっています。実店舗は依然として重要である一方で、オムニチャネルをうまく取り入れ、購買エクスペリエンスを向上させる必要がありました。そこで小売業界では、DX の実現に向けたテクノロジーへの投資を加速させてきました。そして現在は、いかに業務を最適化して生産性を向上させ、収益率を上げるかという課題に取り組んでいます。

データブリックスは、世界のあらゆるチャネルや地域の大手小売業者との連携を通じてリテール業界の課題解決を支援しています。連携先には、Walgreens、Columbia、Acosta、H&M グループ、Reckitt、Restaurant Brands International、84.51°(米スーパー大手 Kroger の子会社)、Co-Op Food、Gousto、Wehkamp などが含まれます。こういった小売業のお客様は、データブリックスが提供するリテール業界向けレイクハウスを活用し、数十億に及ぶ顧客との日々のやり取りをより効果的なものにしています。

小売業界の市場変化と課題

小売業界は、この 2 年間で急速に変化してきましたが、時間の経過とともに、その変化は定着してきています。クリック&コレクトのシンプルさにより、2020 年 3 月には 8%だった eコマースの利用率は、1 年後には 14% 程度にまで上昇しました。かつて小売業者は、消費者を実店舗に誘導することに多くの時間を費やしていましたが、今では、サードパーティの配送サービスの需要が増え、小売業は消費者行動の把握が難しくなっています。オンライン配送は、多くの場合、不採算ですが、小売業者では短期的な市場シェアの保護、あるいはシェア獲得の手段と捉えています。

また、経済活動が再開する中、小売業のサプライチェーンの不安定さに起因する新たな課題が出てきました。例えば、世界の港では、バースでの荷揚げの待ち時間が以前と比べて 2 倍になっています。労働力不足により、港からコンテナを引き取るトラック会社や鉄道会社が不足し、サプライチェーンのボトルネックとなっています。非常に高い在庫水準に加え、在庫スペースの低下、例年にない価格上昇が倉庫の稼働率の低下を招いています。

データと AI への投資の優先事項

このような混乱した状況に直面し、小売業者は多くの緊急措置を講じて迅速に対応しました。また、一時的な措置だけではなく、持続可能な運営に目を向け、次のような項目を念頭に、データと AI を活用した DX への投資を拡大しています。

データによるリアルタイムの意思決定

eコマースの急成長により、実店舗ではエンドツーエンドの業務の改善が求められています。これには、まず、迅速な意思決定が不可欠です。受注処理コストが上昇する中、5 分と 5 秒の違いは損益の違いになることもあります。

小売業者は、リアルタイムの POS、eコマース、モバイルアプリケーション、ディストリビューション、ロイヤルティなどのデータを利用し、包括的な運営を強化してきました。このリアルタイムのデータは、永久在庫計算の改善、オーダーピッキングの統合、配送コストの見積もり、買い物客へのよりタイムリーで適切な推薦などに活用されています。

消費者との関係を再構築

小売業は、過去数十年にわたり、買い物客に関する知見、ロイヤリティプログラム、パーソナライズした推薦や提供に注力してきました。これを基盤として、現在では、リアルタイムの知見によって精度を高め、さまざまな新しいタイプのデータを活用して、購買の意思決定が行われる理由の理解に取り組んでいます。よりスマートなセグメンテーションや推薦のパーソナライズにより、顧客理解が深まっています。また、過去の購入履歴を基に、サイズやアイテムを適切に提案することで、返品の急増を抑えることもできています。

しかし、小売業者は、単にアウトバウンドプロモーションや顧客に対するパーソナライゼーションにとどまっているわけではありません。プッシュ型のディストリビューションや運営ではなく、買い物客の行動を基にしたプル型を用いて、ビジネスの最適化を図り始めています。小売業者は、買い物客の行動を理解することで、商品やサイズのローカライズ、配置スタッフ数の改善、マーチャンダイジングなどにより、生産性の向上や利益率の改善を実現しています。

パートナーとの連携強化による収益性の向上

パンデミックは、グローバルサプライチェーンの脆弱性を露呈しました。店舗内の業務改善だけでは不十分であり、小売業者はバリューチェーンを構成する数千ものパートナーとの連携を改善する必要があります。

小売業者は、需要の感知、棚上在庫の管理、予測分析などといったデータ活用の改善に投資し、サプライヤー、ディストリビュータ、ブローカー、配送パートナーが、これらの分析に直接アクセスできるようにしています。企業がニーズへの対応にかかる時間を短縮するには、リアルタイムのデータ共有とコラボレーションが、このシフトにおいて極めて重要になります。

リテール業界向けレイクハウス

データブリックスは、小売業を理解し、企業が課題を解決して、データと AI への投資による可能性を最大限に実現できるように支援します。小売業のためのレイクハウスは、多様なデータソースとクラス最高のデータおよび AI 処理機能を実装しており、さらに小売業に特化したソリューションアクセラレータとパートナーのエコシステムでサポートします。小売業者では、あらゆるデータをフル活用し、強力なリアルタイムの意思決定が可能になります。

小売業のためのレイクハウスは、リアルタイムの意思決定の促進、買い物客との優れた関係性の強化、バリューチェーン全体のコラボレーションの改善など、小売業者が喫緊のビジネスニーズに対応するために必要な機能を柔軟に導入できるように設計されています。小売業のデータチームが、あらゆるソースや種類のデータの活用できるようにし、変革の促進を支援します。レイクハウスにより実現するユースケースとメリットは次のとおりです。

データによるリアルタイムな意思決定:リテール業界向けレイクハウスは、企業における大規模なデータの迅速な取り込み、バリューチェーン全体でのリアルタイムな知見の利用を可能にします。ビジネスの変動を抑制するためには、スピードが重要です。企業では、レイクハウスを利用してデータドリブンなリアルタイムの運営を行うことができます。

小売業のためのレイクハウスは、企業がモダンデータプラットフォームに求める成熟度とともに、リアルタイムなデータを提供します。Delta Lake は、ACID トランザクション、スケーラブルなメタデータ処理、ストリーミング処理とバッチデータ処理の統合を提供し、変更データの取得プロセスをシンプルにします。また、Delta Lake は、バージョン管理、ロールバック、完全な履歴監査証跡、再現可能な機械学習実験をサポートします。

意思決定の正確性の向上:レイクハウスでは、分析のスケーラビリティを最大化するテクノロジーを備えており、サービスウィンドウの要件を満たすと同時に大規模な分析を可能にします。要件を満たすために分析の正確性や範囲を犠牲にする必要はありません。レイクハウスを利用することで、分析ジョブを大規模にスケーリングし、あらゆる種類のデータを活用して業務上のニーズに対応し、正確性の高い分析を行うことができます。

あらゆる種類のデータを利用:構造化データは、企業が所有するデータ全体の 5~10% にすぎません。残りの 90% のデータを有効活用することで、取り巻く環境をより深く理解できるようになり、生産性向上に向けて的確な意思決定が可能になります。小売業のためのレイクハウスは、構造化データ、画像や動画などの非構造化データなど、あらゆる種類のデータをネイティブにサポートし、十分な情報に基づいた意思決定を促進させます。

低コストかつオープンなコラボレーション:小売業者では、パートナーとのリアルタイムなコラボレーションが必要です。しかし、既存のデータ共有のテクノロジーは高コストで、多くの場合、全ての関係者が同じ専用のテクノロジーに投資をしなくてはなりません。小売業のためのレイクハウスでは、Delta Sharing を活用して、企業間のオープンでセキュアなデータのコラボレーションと共有を可能にします。この低コストなアプローチにより、バリューチェーンにおける全てのパートナーとのコラボレーションが実現します。

パートナーエコシステム

事前構築されたソリューションやプラットフォームを提供するパートナーは、デジタル変革(DX)の構想やイノベーション、AI の ROI など、迅速で実証済みの手法を小売業者に提供します。

小売業界の大手コンサルティング会社は、小売業のためのレイクハウスを中心とした業務を確立しています。私たちは、Deloitte や Tredence と提携し、数千人もの従業員に対しレイクハウスプラットフォームの教育を行い、パートナーへの投資を増やして、レイクハウスネイティブソリューションを顧客に提供できるようにしています。これらのパートナーは、小売業者の迅速な価値創出の実現を支援するために、事前構築されたソリューションを開発しています。

業界データの共有とコラボレーション

小売・消費財のバリューチェーンでは、常にコラボレーションが行われてきましたが、それは統合に必要な高コストで閉鎖的なシステムを購入できる企業に限定されていました。小売業に参入している数千ものサプライヤーのうち、こうしたプロプリエタリなシステムに投資できるのはごく一部です。また、このような既存システムは、データタイプや共有できる頻度に制限があります。ほとんどのシステムが扱えるのは構造化データに限定されており、データ交換は低速のバッチ処理に制限されています。

小売業のためのレイクハウスの中核は、斬新かつ低コストでオープンなデータ共有とコラボレーションの手法であり、バリューチェーンの全パートナーにおける連携やイノベーションを可能にします。オープンソースの Delta Sharing のテクノロジーをベースに構築された小売業のためのレイクハウスを利用することは、優れた DX の実現に向けたデータ共有とコラボレーションにおいて次のようなメリットがあります。

  • 全ての企業が共通のテクノロジーに投資する必要はありません。企業は、Delta Sharing をサポートするテクノロジーパートナーの広範なエコシステムに加え、Databricks を利用できます。
  • Unity Catalog により、データ共有のきめ細かな制御が可能になります。
  • ほぼリアルタイムでのデータ共有を可能にし、バリューチェーン全体のパートナーにおけるビジネスの変化への対応力を向上させます。

企業の加速を支援するツール

データブリックスは、お客様が自由に利用できる 20 以上の小売業向けソリューションアクセラレータの作成に投資し、企業がデータと AI への投資から価値を迅速に実現できるように支援しています。

ソリューションアクセラレータは、フル機能の実証済みのケイパビリティを実装しており、企業におけるデータと AI の活用による迅速な問題解決を支援します。企業は、これらのソリューションアクセラレータを利用して、ビジネス上の問題に対するパイロットを迅速に完成させ、それを基盤として MVP や完全なソリューションを完成させることができます。ソリューションアクセラレータは、需要予測、推薦のパーソナライズ、棚上在庫の管理など、数百もの企業で活用され、重要なユースケースを構築してきました。これらのユースケースにより、お客様は開発労力を 25~50% 削減できます。

リテール業界向けレイクハウスは、小売業が長い間解決しようとしながらも、テクノロジーの限界のために困難であった課題を解決しています。リアルタイムな業務の遂行は、需要計画、納期予測、パーソナライゼーション、消費者セグメンテーションなど、これまでにないユースケースの可能性を広げます。何時間もかかっていた意思決定が数秒で行えるようになりました。多くの企業にとってこれは、損失と利益との違いを意味します。データブリックスは、カスタマーサクセスプログラムと、基盤となるテクノロジーをサポートする最大級のオープンソースコミュニティ、DX に着手すべきかを特定する価値評価プログラムを組み合わせ、お客様がデータドリブンなビジネスを通じて業界屈指の小売業者となることを支援します。

リテール業界向けレイクハウスについて詳しくは、ソリューションのページまたは eBook をご覧ください。レイクハウスは小売業に変革をもたらします。

Databricks 無料トライアル 使ってみる

ご登録

ご登録