Databricks Runtime

用語集トップに戻る
Databricks Runtime は、データブリックスが管理するマシンのクラスタ上で実行されるソフトウェアアーティファクトのセットです。Sparkはもちろん、ビッグデータ分析の操作性やパフォーマンス、セキュリティなどを大幅に向上させるコンポーネントや更新プログラムも数多く追加されています。Databricks Runtimeが他のランタイムよりも優れている点は次のとおりです。
  1. 優れたパフォーマンス:Databricks I/Oモジュール(DBIO)は、垂直統合スタックを活用してクラウドでのSparkのパフォーマンスを大幅に向上させます。
  2. セキュリティの強化:データブリックスのエンタープライズセキュリティ(DBES)モジュールは、静止時と移動時におけるデータの暗号化、きめ細かなデータアクセス制御、監査機能を追加し、標準コンプライアンス(HIPAA、SOC2など)や大企業に求められる厳しいセキュリティ要件を満たします。
  3. 運用の複雑さを大幅に低減:計算リソースやローカルストレージの自動スケーリングなどの機能により、Sparkを「自動運転」にして、運用の複雑さと管理コストを大幅に低減します。
  4. 迅速なリリースと新機能への早期アクセス:オープンソースのアップストリームリリースに比べて、データブリックスのSaaSでは、リリースサイクルを短縮化し、オープンソースのリリースにはまだ利用できない最新機能やバグフィックスをユーザーに提供します。
Databricks Runtime Databricks Runtimeは他のコンピューティングエンジンよりも優れた性能を発揮

関連リソース


用語集トップに戻る