録画動画を再生

オンデマンドで視聴可能

製造業において、機械学習やディープラーニングを中心に、AIの活用が加速しています。主なユースケースの一つである予知保全では、エンドポイントから収集した多種多様なデータを分析し、設備や機器の故障や不具合の発生を事前に察知します。これにより、先回りして計画的に対処できる為、顧客満足度を大幅に向上します。もう一つのユースケースは、AI活用による需要予測の精度向上です。これにより後工程のサプライチェーンの最適化、及びコストの削減が実現します。本ウェビナーでは、「予知保全」「需要予測」「サプライチェーン最適化」について、世界のリーディング企業の事例をもとに紐解きます。

アジェンダ:
16:00 – 16:15 製造業におけるAI活用の顧客事例 | データブリックス・ジャパン株式会社 アカウントエグゼクティブ 中野 武重

16:15 – 16:35 データブリックスのソリューション説明とデモンストレーション  | データブリックス・ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 北村 匡彦

16:35 – 16:55 成功するAI/機械学習プロジェクトとPoCの始め方  | 株式会社ナレッジコミュニケーション ビジネス・デベロップメント部 マネージャー 中西 貴哉 様

16:55 – 17:00 質疑応答